FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
龍吟庵(りょうぎんあん)
2008-12-01 Mon 08:20
26日は午後から古巣の職場に応援勤務になりました。
古巣は京阪藤森駅の近くなのですが、少し早めに出て
東福寺に行くことにしました。
紅葉ピークの東福寺通天橋に入るつもりはなく^_^;
だって、とんでもない混雑で拝観券を買うのだけで相当な待ち時間ですから・・・
境内で仕事をしている友達の顔を見るのと
臥雲橋(がうんきょう)からの眺めだけ見て退散。
後は目的の東福寺塔頭、龍吟庵を訪れることに。

龍吟庵は国宝の方丈(室町時代初期)や重森三玲作庭のお庭が有名ですが
特別公開のこの時期拝観することができます。


通天橋、臥雲橋とともに東福寺3名橋の1つである木造橋廊「偃月橋(えんげつきょう)」(重文)を
渡ると龍吟庵があります


(11月26日撮影)




①偃月橋

IMGP2535qqa.jpg




②南庭 稲妻を表現した竹垣が斬新ですね

IMGP2451qqa.jpg


方丈を東西南に三庭の枯山水庭園が囲んでいます





③西庭 (龍の庭)
紅葉はあまり鮮やかではありませんでした。
これから変るのか?このまま散るのか?わかりませんが

IMGP2456qqa.jpg






④西庭 (龍の庭)
龍が海中から黒雲を得て聖天する姿が石組によって表現されている

IMGP2460qqa.jpg






⑤東庭(不離の庭)
東福寺第三世住持の大明国師が幼少の頃、熱病にかかって山中に捨てられた時
二頭の犬が国師の身を狼の襲撃から守ったという故事にもとづいて造られました。

IMGP2499qqa.jpg





こちらの方丈は応仁の乱以前のもので焼失を免れ、現存する最古の方丈建築です。
入母屋造、杮葺、唐破風屋根や双折(もろおれ)両開きの桟唐戸(さんからと)など
見どころ沢山あるのですが、なにせ、このシーズン、凄い人でゆっくり写真を撮る気にもなれず
こちらも早々に退散することに・・・^_^;




⑥ おまけ:東福寺三門(国宝)が青空に映え美しかったです
IMGP2540qqa.jpg





⑦ おまけ  むこうに見える通天橋拝観の長蛇の列・・・近づきたくない・・・ヾ(´Д`;)
IMGP2545qqa.jpg




 

⑧ おまけ  臥雲橋(がうんきょう)から通天橋を望む
 正直、今年の東福寺の紅葉はイマイチのように思われました。なので今年はパス^_^;

IMGP2445qqa.jpg





スポンサーサイト
別窓 | 寺院・神社 | コメント:2 | トラックバック:0
<<光明院 | 彩りの頃 | 赤目四十八滝>>
この記事のコメント
東福寺三門 青空をバックに ほんっと美しいですね~~v-10

そうそう、東福寺では一年前 あまりの混雑に私も主人もイライラ
最後には喧嘩になってしまったほど(^^;) 苦い想い出の場所です

龍吟庵のお庭 いいですね~
庭園を眺めるのも好きだなあ 
稲妻を表現した竹垣もインパクトありますね!
紅葉が見れない時期でもいいから こういうの、混雑してない時に
一日 ぼーーっと眺めていたい気分(^^ゞ

あ、でも、特別公開ということは、この時期だけ??
逆に、混雑しない季節に公開すればいいのにぃ~~(笑)
2008-12-01 Mon 20:36 | URL | kazu #A/FQd.sc[ 内容変更]
kazuさんへ
kazuさん いつも丁寧にありがとうね。

龍吟庵、前から行きたいと思っていて
この日初めていったんですよ。
だけど、混みすぎでした^_^;
ゆっくりなんかしてられない雰囲気で・・・
紅葉ももう少し鮮やかなのを期待してたけど、
ちょっ残念でした。
東福寺と塔頭のお庭は重森三玲氏の作庭が多く
斬新で独特の雰囲気と石組みが印象的です。
私はこの方のお庭がお気に入りです。
2008-12-01 Mon 22:42 | URL | ようちゃん #TgbZqqHE[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 彩りの頃 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。