FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
伊吹山 その1
2008-08-04 Mon 10:53
今年も伊吹山に行ってきました。
日本百名山のひとつである伊吹山には標高1,260mの駐車場から
山頂中央(標高1,377m)までお花畑が広がり、様々な高山植物が咲き乱れます

シモツケソウが満開を迎えるこの時期の美しさは特に好きで
何度見ても感動的です

遊歩道が西・中央・東とあります
沢山の写真を撮ってしまったので、4回にわけての紹介です

まず最初は西遊歩道から山頂を目指します
西遊歩道は約 1km あり緩やかな勾配で歩きやすいです。
眼下に姉川の蛇行と琵琶湖を一望でき、山の稜線と空に浮かぶ雲
心地よい風が吹きぬけ、とても雄大な眺めを楽しむことができます

(8月2日撮影)



ピンクのシモツケソウと黄色のメタカラコウが超見頃(*^^)v

IMGP4444aa.jpg




この日は霧が発生したり、消えたり目まぐるしく変化する山らしい天気
遠くの景色はあまり撮れなかったので近くの風景を^_^;



霧に包まれる、シモツケソウとまだ蕾のサラシナショウマ

IMGP4787aa.jpg






イブキトラノオ

IMGP4815aa.jpg



空に向かって、シシウドの花火も(笑) いっぱいあがってます(*^。^*)

IMGP4449aa.jpg



黄色のメタカラコウとシオンなどの白色の花の風景もいいなぁ

IMGP4792aa.jpg




クガイソウ
 今の時期はクガイソウが多いですが、もう少し後になるとルリトラノオが増えてきます
 どちらも紫の尻尾^m^ が美しくて大好き♪

IMGP4797aa.jpg




山頂近くにイブキフウロやヒメフウロなどどともに
ハクサンフウロも群生していて、かわいい花を咲かせています

IMGP4833aa.jpg



黄色いのはキオンですね

IMGP4843aa.jpg



カワラナデシコ

IMGP4992aa.jpg



IMGP4470aa.jpg




とりとめなく、目についた花々を紹介しましたが
伊吹山のお花畑にはどれほどの花たちが咲いているのか?
とてつもない数であることは間違いないです。
自然のお花畑がこれほど美しいのに、ただただ感動し、
手当たりしだいの撮影になってしまいます

こんな調子でだらだらと^_^; お花畑の写真になりますがご了承下さいね。




次は山頂のお花畑、圧倒されるようなシモツケソウの群落と元気に咲くメタカラコウを
中心に紹介します。




伊吹山ドライブウェイ:岐阜県不破郡関ヶ原町~滋賀県米原市大久保(伊吹山頂)
             岐阜県と滋賀県にまたがる全長17kmのドライブウェイ
    TEL:0584-43-1155
    ドライブウェイ利用料金: 軽・普通車 3000円
    山頂駐車場 無料




スポンサーサイト



別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:0
<<伊吹山 その2 | 彩りの頃 | 梅花藻(ばいかも)>>
この記事のコメント
素敵な尻尾
ようちゃん、こんばんは。
シモツケソウのピンクとクガイソウの紫が鮮やかですね。
若い頃(笑)薄墨の桜に憧れましたが、
岐阜にも滋賀にもまだ行ったことがないのです。
高い所に弱くて、ウルトラ方向音痴の私は
京都でも歩きやすい所を中心に回っています。
今年はまだ旅行していないので、
秋にはどこかに行きたい。どうしても行きた~い!(笑)
今日はちょっと「なんだかな~」な日でしたが、
沢山のお花が気分を変えてくれました。
‘潤いのしっぽ’をありがとう。
2008-08-04 Mon 23:25 | URL | irodori #MDMkRtpI[ 内容変更]
irodoriさんへ
こんにちはirodoriさん
“紫のしっぽ”いいでしょ(*^。^*)
クガイソウとよく似た紫のしっぽでルリトラノオっていうのも
あります
ルリトラノオの方はもう少し鮮やかな“紫のしっぽ”です♪
ピンクのシモツケソウの中に紫のしっぽを見つけると
なんだか嬉しくなるのです♪

薄墨の桜、根尾村の桜ですね。
一度見に行ったことありますよ。
美しかったです。
irodoriさんとこからだと、ちょっと遠いですね。
でも、いつか岐阜や滋賀にも来てください。。。って
私は京都の人間でした(^^ゞ

方向音痴は私も負けませんよ^m^
体内磁石を持ってる人が羨ましいです。
私は太陽が出てない限り東や西がわかりませんもの
方向音痴ゆえにやらかしたドジは数知れずです^_^;
2008-08-05 Tue 17:40 | URL | ようちゃん #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 彩りの頃 |