FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
葵祭
2008-05-16 Fri 11:10
葵祭は京都三大祭りのひとつで、上賀茂下鴨両神社の例祭
起源は1400年前にさかのぼる
源氏物語では、葵上と六条御息所の車争いの場面、葵祭が描かれています

平安時代の王朝装束に身をつつんだおよそ500人の行列が都大路をすすむ
優雅でロマンを感じるお祭りです

腰輿(およよ)に乗って参向する葵祭のヒロイン、
今年の斎王代は料亭「菊乃井」の若女将、村田紫帆さん
25年ぶりに新調された十二単に身を包み、とても艶やかでした

IMGP0095x.jpg


 
牛車

IMGP0053x.jpg



乗尻(のりじり) 行列の先導役

IMGP0030x.jpg



風流傘

IMGP0078x.jpg



斎王代の後をゆく童女(わらわめ)たち、すごくかわいかったです♪

IMGP0103x.jpg




みんなフタバアオイを頭や胸につけています

IMGP0124x.jpg



IMGP0143x.jpg



斎王代の牛車

IMGP0150x.jpg



斎王代、とっても綺麗ですね

IMGP0168x.jpg




騎女(むなのりおんな)斎王付きの巫女で6騎の馬に乗ってます

IMGP0126x.jpg




次の斎王代かな(^^♪

IMGP0175x.jpg



女嬬(にょじゅ)食事をつかさどる女官

IMGP0180x.jpg



神事を司る采女(うねめ)

IMGP0208x.jpg




IMGP0228x.jpg





いいお天気にも恵まれ、青空と眩い新緑の中
とても美しい葵祭をみることができました
4年ぶりぐらいですが昨日の人出は凄かったです
行列を見終わって荒神口から三条まで歩いたら
足がヨレヨレで汗びっしょり
この後仕事に向いましたがヘロヘロ、ちかれた~~~^_^;



☆斎王代 :斎王(さいおう)とは神社に巫女として仕えるために天皇家から差し出された内親王または女王のこと。
現在では京都在住の一般市民から選ばれるので斎王代(さいおうだい)とよばれる。
唐衣裳装束(からぎぬもしょうぞく)を着用、舞台化粧と同様の厚化粧をし、お歯黒も付ける


スポンサーサイト



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:3
<<中之島公園 バラ園 その1 | 彩りの頃 | 今熊野観音寺>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
葵祭京都・葵祭り! 葵祭って、素敵ですね~ …
葵祭京都・葵祭り! 葵祭って、素敵ですね~そして!! …
知ってますかぁ~~こんなことすごい!!私だけですかね~~知らなかったのは・・・・・・・・・・・・ 葵祭葵祭は京都三大祭りのひとつで、上賀茂下鴨両神社の例祭起源は1400年前にさかのぼる源氏物語では、葵上と六条御息所の車争いの場面、葵祭が描かれています 平安時... …
| 彩りの頃 |