FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ならまち の~んびり
2008-08-29 Fri 21:57
日が暮れるまで、ならまちを少しばかり歩きました。

吊るされた真っ赤な“身代わり猿”が町屋の軒に揺れてます

(8月24日撮影)


奈良町資料館

IMGP6874aa.jpg




定休日のカフェ・・・かわいい看板ねこがお昼ね中zzz

IMGP6844aa.jpg

スポンサーサイト
ならまち の~んびりの続きを読む
別窓 | 風景 | コメント:4 | トラックバック:0
今西家書院
2008-08-28 Thu 18:38
今西家書院(重要文化財)は興福寺大乗院家の坊官を努められた福智院氏の居宅を
清酒「春鹿」醸造元である今西清兵衛商店が譲り受けました

銀閣寺東求堂と同じ、室町中期の書院造りの遺構を残しています
上段・中段・下段と部屋に段差が設けられ、
柱の面取りが室町時代の特色をあらわしているようです

(8月24日撮影)



IMGP6702aa.jpg




書院(上段の間)

IMGP6809aa.jpg



今西家書院の続きを読む
別窓 | 風景 | コメント:3 | トラックバック:0
旧大乗院庭園の鹿
2008-08-26 Tue 21:30
ならまち散策の休憩所ともなっている名勝大乗院庭園文化館で
ちょこっと休憩させていただきました

平安時代に築造された大乗院庭園
現発掘調査と並行して復元工事が進められており、
2010年に全体が完成する予定


サルスベリを水面に映し、鹿たちが一心に草を食んでます
なんか、奈良らしい風景やなぁ。。。(*^_^*)

(8月24日撮影)



IMGP6898aa.jpg




IMGP6901aa.jpg


旧大乗院庭園の鹿の続きを読む
別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:0
元興寺地蔵会万燈供養
2008-08-25 Mon 23:04
古都奈良の世界遺産に登録された元興寺は、
江戸時代の街並みが残る“ならまち”の中心にあります。
昔はならまち全体がこのお寺の境内だというすごい敷地をもつ大寺院だったようです

先日桔梗を見に行った元興寺ですが、昨日は地蔵会万燈供養がありました。
本堂では地蔵菩薩の供養法要が行われ、
その後境内の石仏等が林立する浮図田で万燈供養が行われます

(8月24日撮影)


しだいに暗くなって、灯明皿の灯りが揺らめき石仏を照らします


IMGP7028aa.jpg





IMGP7117aa.jpg



元興寺地蔵会万燈供養の続きを読む
別窓 | 風物詩 | コメント:4 | トラックバック:0
茶畑
2008-08-23 Sat 13:53
円成寺に向う途中、和束町の茶畑です
この場所を通る時はいつも車を止めて外に出て、
深呼吸しながらこの風景を眺めています

私の故郷のお隣になる和束町はお茶で有名なところです
このお茶が宇治茶となって全国の人に
飲まれているんですよ。

(8月20日)


IMGP6276aa.jpg


茶畑の続きを読む
別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:0
円成寺庭園の蓮
2008-08-21 Thu 13:50
2ヶ月前、6月に訪れた柳生の里、円成寺(えんじょうじ)
あの時は苑池に蓮の立ち葉があがってました

そして昨日、想像していたとおりの見事な蓮池を見ることができました
早朝6時過ぎだったためか、訪れる人もなく
完全な貸切状態。。。ラッキー♪

美しい蓮と1羽の鴨を眺めつつ、時間がゆっくり流れていきました



IMGP6375aa.jpg



IMGP6676aa.jpg



円成寺庭園の蓮の続きを読む
別窓 | 風景 | コメント:4 | トラックバック:0
大和夕景
2008-08-20 Wed 01:10
夏の夕暮れ、二上山や大和三山を望む高台にて

少しずつ染まってゆく空、
           そして、次第に暮れていく・・・


(8月17日撮影)



18:34

IMGP6229aa.jpg




18:48

IMGP6247aa.jpg



大和夕景の続きを読む
別窓 | 夜景・夕景 | コメント:2 | トラックバック:0
本薬師寺跡 ホテイアオイ
2008-08-19 Tue 08:12
今年も本薬師寺跡のホテイアオイが休耕田を薄紫に染めました
夏の盛り、この花色をみると、清清しくて
日陰のない場所での撮影ですが、レンズ越しに見るホテイアオイは涼しげでいいです♪

(8月17日撮影)


IMGP6147aa.jpg



IMGP6074aa.jpg


本薬師寺跡 ホテイアオイの続きを読む
別窓 | 風景 | コメント:4 | トラックバック:0
風鈴まつり おふさ観音
2008-08-18 Mon 10:17
奈良県橿原市小房町のおふさ観音では風鈴まつりが開催されています
境内に吊るされた約2500の風鈴は
風が吹きぬける度に軽やかな音を響かせ涼を運んでくれます

風鈴の涼しい音色が厄をはらうという思想は、仏教伝来のものらしいです

南部風鈴、会津風鈴、江戸風鈴、奈良風鈴、小田原風鈴、バリの鐘など
それぞれ違う音色で、競いあったり、合わせたり(^^♪

風鈴たちが風を楽しんでいるような様が
見ている私達に暑さをを忘れさせてくれます。

(8月17日撮影)


IMGP5942aa.jpg





IMGP5972aa.jpg


風鈴まつり おふさ観音の続きを読む
別窓 | 寺院・神社 | コメント:2 | トラックバック:0
南の空
2008-08-13 Wed 19:39
夏らしい空が広がった今日
暑さに負けて、一日中クーラーの効いた部屋で過ごしました^_^;

ふと窓を開けると、南の空が焼けてました



IMGP5731aa.jpg


今夜もペルセウス座流星群(スイフト・タットル彗星)が見れるかもしれないので
夜中起きてみようかな・・・・


IMGP5747aa.jpg




別窓 | 夜景・夕景 | コメント:6 | トラックバック:0
宇治川花火大会
2008-08-11 Mon 08:13
昨夜は地元、宇治の花火大会でした
自宅のベランダからも小さくは見えるのですが、
やはり出かけることにしました。

今年はアルプラザ宇治東の屋上で見ることに。。。
4時からから屋上が無料開放されるため
アルプラザ宇治東は1年で1番来店客数多い日ではないでしょうか(笑)
過去に見たこともないほどのお客さんの数(゜o゜)
花火が始まるまではクーラーの効いた店内でゆっくり過ごすこともできらくちん♪

(8月10日撮影)


花火開始前の屋上、西の空の夕焼けが綺麗でした

IMGP5520aa.jpg



IMGP5664aa.jpg

宇治川花火大会の続きを読む
別窓 | 花火 | コメント:0 | トラックバック:0
2008 びわ湖大花火大会 slide
2008-08-11 Mon 07:44
今年もびわ湖大花火大会の slide を本館彩りあつめての Four Season に
UP してみました♪

お時間ある方は湖面に映る花火をお楽しみ下さい
彩りあつめて Slide show


別窓 | 花火 | コメント:0 | トラックバック:0
2008びわ湖大花火大会 その2
2008-08-10 Sun 00:14
それでは、後半の花火を!

本当は遠花火を撮りたいと思って出かけたのですが、
頭上に尺玉の連発が花開くあの感動は捨てがたいなぁ。。。と思い直し、
昨年と同じ場所での見物となりました。
すぐ目の前に次々と繰り出される迫力の花火
美しさもお腹にひびく大音量も\(^o^)/
この臨場感は花火の醍醐味ですね。

というわけで、昨年と同じような写真になってしまいましたが、
それはそれ、(笑) 花火の色と順番は違うし・・・って苦しい言い訳^_^;

来年も見に行けたら、今度は場所を変えてみたいと思います。。。って、また同じとこに
座ってたりして・・・(爆)

(8月8日撮影)


IMGP5375aa.jpg




IMGP5356aa.jpg


2008びわ湖大花火大会 その2の続きを読む
別窓 | 花火 | コメント:2 | トラックバック:0
2008びわ湖大花火大会 その1
2008-08-09 Sat 23:27
昨夜は恒例のびわ湖大花火大会でした。
ゲリラ豪雨か、雷雨があるのではと心配していましたが
雨も雷も花火終了まで待ってくれました。
びわ湖の花火は風があって涼しいです。
美しい花火と涼しい風が待ち時間の長さを一瞬にして
忘れさせてくれました。

前半と後半にわけてUPしたいと思います

今年も撮影のタイミングは全然合わず、取り込んだ写真にガックリ(>_<)
それでも、せっかく撮ったので blog にUP しなかった写真は
slide にてUP予定です(^^ゞ

(8月8日撮影)



IMGP5318aa.jpg





IMGP5394aa.jpg





2008びわ湖大花火大会 その1の続きを読む
別窓 | 花火 | コメント:2 | トラックバック:0
伊吹山 その3
2008-08-07 Thu 00:10
伊吹山、最後は中央遊歩道東遊歩道(下り専用)を歩きます
中央遊歩道は長さが500mと一番短くパンフレットには登りで約20分と書かれています
だから下りだと10分か15分でいいように思いますね。。。
ところがところが、これが曲者です(笑)
急勾配の階段状の道なのです。。。だから登り20分なんて、健脚者のデータだと思われ^_^;
登りどころか、下りも苦手です(膝にくるのです←歳はかくせない・・・)
そんなわけで、中央遊歩道は途中まで降りてUターン、
そのあと、1時間くらいかけて東遊歩道を楽しみます。

(8月2日撮影)



同じような花畑の写真が続きますが、お許しを~~<(_ _)>
ずーとどこまでもお花畑が続くのが伊吹山なんですもの^m^



シモツケソウの波の中に、イブキアザミやアカソ(茎も葉柄も花も赤い)の花も咲いてますね
いつまでも見続けていたい風景です

IMGP4645aa.jpg




IMGP4620aa.jpg



伊吹山 その3の続きを読む
別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:0
アサギマダラ
2008-08-06 Wed 08:05
“旅する蝶” アサギマダラ

渡りをする蝶として有名ですね
夏には標高1200m付近の伊吹山にも沢山フワフワしてます
北から南下して秋には九州・四国あたりにいくのでしょうか。。
その途中、伊吹山で吸蜜活動に精を出してます。
美しい翅、フワフワと漂うように飛ぶ優雅な様に惹きつけられます

(8月2日撮影)



IMGP4708aa.jpg




IMGP4703aa.jpg




アサギマダラの続きを読む
別窓 | 虫たち | コメント:6 | トラックバック:0
伊吹山 その2
2008-08-05 Tue 08:01
1時間近くかけて、ゆっくりと西遊歩道のお花畑の中を登ります
そして、たどり着いた山頂にはさらに素晴らしいお花畑があります
目の前に広がるのは満開のシモツケソウと鮮やかな黄色のメタカラコウ
シシウドの群落がひときわ高く空に向って花を広げ
ハチや虫たちが楽園を飛び交います

山頂の楽園に酔います、花に埋もれながら深呼吸、最高です!

(8月2日撮影)



IMGP4552aa.jpg



シモツケソウ

IMGP4860aa.jpg


伊吹山 その2の続きを読む
別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:0
伊吹山 その1
2008-08-04 Mon 10:53
今年も伊吹山に行ってきました。
日本百名山のひとつである伊吹山には標高1,260mの駐車場から
山頂中央(標高1,377m)までお花畑が広がり、様々な高山植物が咲き乱れます

シモツケソウが満開を迎えるこの時期の美しさは特に好きで
何度見ても感動的です

遊歩道が西・中央・東とあります
沢山の写真を撮ってしまったので、4回にわけての紹介です

まず最初は西遊歩道から山頂を目指します
西遊歩道は約 1km あり緩やかな勾配で歩きやすいです。
眼下に姉川の蛇行と琵琶湖を一望でき、山の稜線と空に浮かぶ雲
心地よい風が吹きぬけ、とても雄大な眺めを楽しむことができます

(8月2日撮影)



ピンクのシモツケソウと黄色のメタカラコウが超見頃(*^^)v

IMGP4444aa.jpg




この日は霧が発生したり、消えたり目まぐるしく変化する山らしい天気
遠くの景色はあまり撮れなかったので近くの風景を^_^;



霧に包まれる、シモツケソウとまだ蕾のサラシナショウマ

IMGP4787aa.jpg





伊吹山 その1の続きを読む
別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:0
梅花藻(ばいかも)
2008-08-03 Sun 12:53
今年も醒ヶ井、地蔵川に梅花藻を見に行きました
昨年より早いのでまだサルスベリとのコラボはありませんでしたが、
川面から立ち上がったかわいい白い花は可憐で
冷たい清流と梅花藻の姿は暑さを忘れさせてくれます。

(8月2日撮影)



5~6個ある赤いのがサルスベリの散り花です

IMGP5180aa.jpg




IMGP5184aa.jpg


梅花藻(ばいかも)の続きを読む
別窓 | 風景 | コメント:4 | トラックバック:1
平等院 その2
2008-08-01 Fri 21:26
もう少し、平等院の写真を・・・

蓮の数は50鉢ほどらしいですが、背景に鳳凰堂ってのは
絵になるんですよね。。。
他でみる100本分ぐらい ←これはオーバーですね^_^;20本くらい (にしときます) の存在感?!(゜o゜)が
あるようにさえ思ってしまいます(笑)


(7月30日撮影)


IMGP4018aa.jpg



正面からも

IMGP3971aa.jpg


平等院 その2の続きを読む
別窓 | 寺院・神社 | コメント:3 | トラックバック:0
| 彩りの頃 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。